玉樹基礎化粧品の通販 アンディーナ > セレクトショップ > ディウ・シェリエ スカルプエッセンス

ディウ・シェリエ スカルプエッセンス

ディウ・シェリエ スカルプエッセンス

「キャピキシル」をご存じですか?

キャピキシルとは、LUCAS MEYER COSMETICS社で開発された、植物エキスとペプチドを含む、頭髪再生で注目される成分です。

今まで最もよいとされたきた有名医療品育毛原料の3倍の毛包伸長率が確認されています。

ディウシェリエ スカルプエッセンスは、このキャピキシルを高濃度配合しています。
さらに、オーガニックエンドウの若芽が持つ旺盛な成長力を凝縮したアナゲインと、毛包幹細胞に栄養供給を直接働きかけるプロヘアリンβ4を加え、髪の毛が生えるための頭皮環境にプラスとなる要素を、ローズウォーターベースに ぎゅっと詰め込みました。

頭皮は髪の毛が生える、いわば”土壌”のようなもの。
豊かな”土壌”を作り、元気でいきいきとした髪の毛を育んでいきましょう。

 

ディウ・シェリエ スカルプエッセンス 200mL

ディウ・シェリエ スカルプエッセンス 200mL

≪使用目安≫
・朝晩各25プッシュ(約1か月)
・朝晩各10プッシュ(約2か月)
(本製品は約1500プッシュ)


ディウ・シェリエ スカルプエッセンス 200mL

販売価格:4,500円(税別、送料別)
(税込 4,950円)

個数:


 

送料は地域により異なります

選べる便利なお支払方法


商品名 ディウ・シェリエ スカルプエッセンス
全成分 水、BG、ローズ水、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、アラントイン、センブリエキス、オタネニンジン根エキス、オクタペプチド-2、エンドウ芽エキス、ダイズ種子エキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、アロエベラ葉エキス、イノシトール、グリチルリチン酸2K、カンゾウ根エキス、サンショウ果実エキス、プルサチラコレアナエキス、スイカズラ花エキス、グレープフルーツ果実エキス、銀、フムスエキス、クエン酸Na
内容量 200mL
生産地 日本

【ご使用上の注意】
●開封後は、冷暗所に保管し、なるべく早くご使用ください。
●お肌に異常が生じていないかよく確認してご使用ください。
●お肌に傷・はれもの・湿疹などの以上がある部分や粘膜には使用しないでください。
●使用中や使用後に赤み・かゆみ・刺激等の異常が現れたときは、使用を中止し、皮膚科専門医等の診断を受けてください。
●目に入らないようにご注意ください。万が一入った場合は、こすらずに清水で洗い流してください。
●幼児の手の届かないところに保管してください。
●高温多湿の場所や直射日光の当たる場所には保管しないでください。
●天然成分を使用しておりますので浮遊物や沈殿物および色合いに変化が生じる場合がありますが、品質には問題ございません。

 

1日 10~25プッシュの育毛習慣

1.洗髪後など、頭皮の清潔な状態でご使用ください。

2.洗髪後は、ドライヤーで髪と頭皮を乾かしてからご使用ください。

3.頭皮に直接スプレーしてください。(ジェットノズル採用)

4.スプレー後、指の腹で軽く抑え込み擦り込んでください。
(産毛等を傷めないようにやさしく抑え込む感じで)

 

成長期を伸ばす3つの【カギ】

キャピキシル・プロヘアリンβ4
 バジル領域にある幹細胞の活性化と毛包の伸長

アナゲイン・プロヘアリンβ4
 毛乳頭を活性化させ、FGF-7とNogginの生産を増やす

キャピキシル
 5αリアクターゼ(育毛阻害要物質)の抑制

植物由来原料キャピキシルが、髪が生える極上の土壌作りを担います。
 キャピキシルは、カナダ・LUCAS MEYER COSMETICS社で開発された、有名医療品育毛原料の3倍とも言われる画期的な成分。アセチルテトラペプチド-3と、アカツメクサ花エキスをプレミックス。アカツメクサ由来のイソフラボン(ビオカニンA)が、男性型脱毛症の原因とされるI型&II型5αリアクターゼ阻害に有効とされています。
また、アミノ酸が豊富なアセチルテトラペプチド-3は、毛包を伸長する役割もあるのです。

【毛包の伸長比較】【有名医薬品育毛原料とアセチルテトラペプチド-3の比較】

 

根元を刺激するアナゲイン (エンドウ芽エキス)
 アナゲイン(エンドウ芽エキス)は、有機エンドウ豆の新芽から抽出した、若芽が持つ旺盛な成長力が凝縮された水溶性エキス。毛乳頭に直接アクセスし、短くなった成長期を延長してくれます。

【成長期/休止期比】【有機エンドウ豆】

 

プロヘアリンβ4が、バジル領域の毛包幹細胞に直接働きかける。
 ペプチドの一種であるプロヘアリンβ4は、安全性・持続性に優れた育毛を目的とした成分。バジル領域にある髪の毛の種(毛包幹細胞)を活性化し、キャピキシルや、FGF-7と、Nogginを活性化するアナゲインと共に、健やかな紙の毛の形成へ導きます。

毛包幹細胞 模式図

 


お買い物ガイド